おんな城主直虎ブログ♪

#虎絵 47話

2017/12/04

Pocket



本多忠勝(キャスト:髙嶋政宏)が岡崎に急ぎ入り、すんでのところで石川数正(キャスト:中村織央)をとめます。おんな城主直虎 47話「決戦は高天神」の#虎絵とちょっと感想です。

#虎絵 47話です♪

#虎絵とは? 「おんな城主直虎をテーマに描かれた絵♪」このページでは#虎絵やソーシャル・メディア ツイッターでの皆さんの直虎感想やつぶやきを紹介します。

らぶりぃのちょっと感想 47話

徳川家康(キャスト:阿部サダヲ )を絶望の淵から救ったのは「負けた意味は次に勝つ為にある」と言った井伊万千代(キャスト:菅田将暉 )の言葉でした。それはかつて小野政次(キャスト:高橋一生)が言った言葉でした。

 

政次が万千代の中でも生きている。

 

勇気を貰った家康は嫡男・信康(キャスト:平埜生成 )と正室・瀬名(キャスト:菜々緒 )を亡くし、悲しみ、混乱している岡崎城の家臣たちに心から話しかけます。大きな悲しみであった信康と瀬名の事件は徳川主従をひとつにしました。そして戦国の悲哀を皆の心に深く刻む事になりました。

 

駿河をとる!まずは高天神!!

 

徳川は織田の同盟国として甲州征伐に参加しました。甲州征伐は甲斐の武田家を滅ぼした戦いで、高天神城(たかてんじんじょう)は駿河にあった元今川家の城でした。

 

今回、久しぶりに中野直之(キャスト:矢本悠馬 )と奥山六左衛門(キャスト:田中美央 )の活躍が河三郎の話から見れて嬉しかったです(・▽・*)特に直之の本音が聞けて嬉しかったです。直虎が井伊を潰してから直之(之の字)がちょっと元気が無く、おとなしい印象だったので。

 

武将として一番活躍できる年代だったのに直虎の気持ちを一番に考え、折り合いをつけて井伊谷の番人として生きてきた直之。(きっと直虎を守る気持ちもあったんですよね)そして今度は、直虎の願い「戦いのない世を作る為」に徳川に仕官するんですね。

 

そして万千代(亀之丞)の成長が嬉しい回でしたね。直虎や政次が言った事、まだ小さかったのに覚えていたのですね。折につけ生母や龍潭寺の僧侶たちが話した話もきっと覚えていて。直虎と政次だけでなく、万千代が覚えていないもっと昔の井伊のみなの命と想いも受け継いているような・・嬉しい回でした(T_T)

 

徳川が高天神城を落として、駿河を貰えて良かったですね。大部分は織田の重臣たち(河尻秀隆、滝川一益、森長可)の管理する土地になりましたが。仕置きの場所に武田の裏切り者・穴山信君の姿も見えましたね。

直虎の織田信長への論評

直虎(キャスト:柴咲コウ)の織田信長(キャスト:市川海老蔵)への論評が良かったです。信長はそれまでの戦国武将とは違う、独創的な考えをもった魅力ある人物でした。でも直虎の話を聞いていたら、本能寺の変が無かったとしても2人目、3人目の明智光秀、違う本能寺の変が起こっていた気がしました。

 

つい「本能寺の変」が無かったら日本はどうなっていたかとか考えてしまいますが、信長の人生、人から裏切られ過ぎ(笑)やはり最後まで人がついていけないヤバイ人、味方として信用できない人物だったのかなと思いました。

 

南渓和尚(キャスト:小林薫)の話も興味深かったです。方広寺の法要で「信長はハシゴを外される」という話が出ていたと。方広寺って京都の?と思ったら浜松の方広寺なんですね。毛利家の重鎮・安国寺の恵瓊(えけい)からの情報ということで。お坊さんみなで世の中の噂をしてるんですね。お坊さんの情報網は凄いですね。

 

安芸の安国寺も浜松の方広寺も和尚の龍潭寺もみんな臨済宗ですねヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

最後に、松下常慶(キャスト:和田正人)がまだ活躍して走り回っているのが心を打ちました。頑張ってるw

#虎絵 47話でした♪

虎絵絵師さま方、素敵な絵をありがとうございました!

⇒ 直虎の感想まとめ

⇒ 登場人物とキャスト紹介


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク





直虎を31日間無料で視聴

見逃した回やもう一度初めから直虎を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 直虎を31日間無料でもう一度見る♪

-おんな城主直虎ブログ♪