歴女日々ブログ

直虎ちょっと感想「第5話」

Pocket



おんな城主直虎ちょっと感想「第5話 亀之丞帰る」です。主人公のおとわ/次郎法師は子役(キャスト:新井美羽)から女優の柴咲コウさんへ♪

 

10年の時間たって、おとわ/次郎法師(キャスト:柴咲コウ)は大人に。 亀之丞/井伊直親(キャスト:三浦春馬)への気持ちはどの様に変わったのでしょうか? おとわの今の考えは。

 

そしておとわ/次郎法師と鶴丸/小野政次(キャスト:高橋一生)の関係はこの10年でどの様に変わっているのか? 鶴丸(つるまる)は今でもおとわが好きなのか。

 

そして亀の現在の気持ちは?

 

この10年で今川義元(キャスト:春風亭昇太)はさらに強大になっており、井伊谷では鶴丸の父、小野政直(キャスト:吹越満)の力が強くなっている。

 

直虎の曽祖父、 井伊直平(キャスト:前田吟)の娘、佐名(キャスト:花總まり)。その娘の瀬名とおとわ/次郎法師はこの10年時々、文のやりとりをしていた様ですね。

 

武田家と北条家と今川家の三国同盟が協定締結され、義元の息子(幼名:龍王丸)。今川氏真(キャスト:尾上松也)と北条家の姫との婚儀が決まる。

 

大きくなった瀬名(キャスト:菜々緒)は怖い雰囲気の姫になっていましたね。瀬名は竹千代、将来の松平元康・・徳川家康の正室となります。

 

築山殿(つきやまどの)という名前で知られる瀬名(せな)。築山殿は怖いイメージの奥方なので、イメージ通りとも言えますがw

 

次回以降、瀬名と竹千代の関係も楽しみです。徳川家康は2016年の大河ドラマ、真田丸に続いて中心人物として登場ですね。おんな城主直虎の徳川家康は阿部サダヲさん。

 

状況が変わり10年ぶりに帰ってきた亀之丞(かめのじょう)。喜ぶ井伊谷のみな。

 

そして亀とおとわふたりの再会。

 

その二人の様子をちょっと遠いとこから見る傑山(けつざん)。自分的には毎回、傑山(キャスト:市原隼人)の動きも気になるw

 

亀の気持ちは?「はいつくばっても井伊に帰ろうと思った」と おとわに話す亀。

 

「おとわは俺の妻になるのだろ?」・・亀はおとわに還俗の話をしていましたね。

 

直虎ちょっと感想「第5話」

☆歴女らぶりぃの独り言(記:2017年3月14日)

おとわ(次郎法師)はこの10年の間に本当の僧(尼)になっていたんですね。

 

子供の時に出家(しゅっけ)をした時には、出家の意味を知らず、女性が出家をしたら結婚も出来ない事も知りませんでしたが。

 

10年の修行の日々で人の生活を守る、尼で竜宮小僧となった おとわ。

 

でも周りの「おとわを愛する大人たち」、父の井伊直盛(いい なおもり)、母の千賀(ちか)、大叔父で師匠の南渓和尚(なんけい おしょう)達はどう思っているのでしょう。

 

おとわの女性としての幸せは?

 

仏教用語で煩悩(ぼんのう)とは「心と体にまといつき、心身をかきみだす一切の妄念や欲望こと」。おとわは煩悩で悩んでいましたねw

 

仏教用語で還俗(げんぞく)は「僧や尼が僧籍をはなれ、もとの俗人にかえること」。おとわは尼をやめて亀と祝言をするのでしょうか?

 

おんな城主直虎らぶりぃ通信♪直虎「第5話 亀之丞帰る」ちょっと感想でした。読んで頂きありがとうございました。

 

⇒ おんな城主直虎の感想まとめ

⇒ 井伊家中心の歴史年表

⇒ らぶりぃ闘病日記


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク





直虎を31日間無料で視聴

見逃した回やもう一度初めから直虎を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 直虎を31日間無料でもう一度見る♪

-歴女日々ブログ