歴女日々ブログ

直虎ちょっと感想「第4話」

2017/03/15

Pocket



おんな城主直虎ちょっと感想「第4話女子にこそあれ次郎法師」です。

 

今川に出家を許され、とわ(キャスト:新井美羽)は かわいい小坊主となりました。南渓和尚(なんけい おしょう)(キャスト:小林薫) から「次郎法師(じろうほうし)」という名前も貰います。

 

ちなみにドラマで出てくる、仏教用語の 出家(しゅっけ)とは家庭生活を捨て、仏教の道に入る事で。また在家(ざいけ)とは出家をせず世俗の家庭の生活を営みながら、仏道に帰依(きえ)する仏を信望するものです。

 

翌日から館の裏にある龍潭寺(りゅうたんじ)に住み、僧修行が始めります。龍潭寺は井伊家の菩提寺で南渓和尚(直虎の大叔父)が住職を務める寺です。

⇒ 井伊家の菩提寺・龍潭寺

 

兄弟子の昊天(キャスト:小松和重)や傑山(キャスト:市原隼人)達に鍛えられる 次郎法師(おとわ)。

 

次郎法師を龍潭寺に引きとった、南渓和尚の想いを昊天(こうてん)が聞く場面がありますが。

 

捨て子だった井伊の初代様、井伊共保(いいともやす)を見つけたのは龍潭寺と同じ井伊谷に建つ八幡宮(井伊谷宮)の神主さんといわれています。

 

鶴丸(キャスト:小林颯)は おとわ に妻より僧の方が亀之丞(キャスト:藤本哉汰)を竜宮小僧として助けられるのでは?と話します。鶴丸の話を聞いて、頑張る気持ちになるおとわ。

 

おとわの父・井伊直盛 (キャスト:杉本哲太)は小野政直(キャスト:吹越満)を助けます。それは鶴丸から父を奪いたくなかったという気持ちもあっての行動でした。

 

そして9年ほどたち、おとわ(次郎法師)は村人達から頼られる尼僧と成長しています。おんな城主直虎の主人公、柴咲コウさんの登場です。

 

ところで、おとわの母・千賀(キャスト:財前直見)の兄である新野左馬介(キャスト:苅谷俊介)ですが、今川の家臣ですが、今は出世より妹や姪の為、井伊の味方として動いていますね。

 

井伊直平(キャスト:前田吟)や南渓和尚、奥山朝利(キャスト:でんでん)、中野直由(キャスト:筧利夫)もみな、新野左馬介を信頼していますね。

 

来た当時は井伊が今川に合併された後で、おおじい様や今は亡き 井伊直満(キャスト:宇梶剛士)大叔父と何もなかった訳なかったと思います。

 

今後、新野左馬介の娘たちも出てくるそうで、楽しみにしています。

 

直虎ちょっと感想「第4話」

 

☆歴女らぶりぃの独り言(記:2017年2月26日)

昨日、家族に連れて行って貰って和歌山を梅を見に行けました。梅の産地みなべ町はこの時期梅の花が満開です。

 

梅は花も楽しめて、香りも良いし、食べれるし、ありがたい植物ですね(笑)。みなべ町は梅の良い匂いがしました♪

 

⇒ おんな城主直虎の感想まとめ

⇒ 井伊家中心の歴史年表

⇒ らぶりぃ闘病日記

 

おんな城主直虎らぶりぃ通信♪直虎「第4話 女子にこそあれ次郎法師」ちょっと感想でした。読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク





直虎を31日間無料で視聴

見逃した回やもう一度初めから直虎を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 直虎を31日間無料でもう一度見る♪

-歴女日々ブログ