キャスト紹介

曽祖父、 井伊直平役の前田吟さん

Pocket



主人公のおとわ(直虎)の曽祖父、 井伊直平。キャストは俳優の前田吟(まえだぎん)さん。

 

井伊直平(いいなおひら)は長い人生の間、幾多の困難に立ち向かい井伊家の名前を後世に伝えた人物です。自分が老いていく中で息子も孫息子も先に亡くなり、それでも奮闘する 井伊直平。ひいおじじ様はおとわ(キャスト:柴咲コウさん)にとって頼りになる存在です。


↑ 柴咲コウさんも三浦春馬さんも高橋一生さんも素敵ですが・・前田吟さん演じる直平お爺ちゃんの笑顔や衣装、醸し出す雰囲気から何から何までラブリー。生え抜きの戦国武将のはずですが可愛い・・もう半分、心が掴まれている私(笑)

 


井伊直平演じる前田吟さんは1944年、山口県生まれ。役者を志し東京芸術座研究所第1期生となり、1963年には、劇団俳優座養成所15期生となります。現在もテレビ・ドラマで活躍する俳優さん仲間が数多くおり、村井国夫さん、林隆三さん、原田芳雄さん、夏八木勲さん、小野武彦さん、秋野太作さん、栗原小巻さん、赤座美代子さんなど皆さん同期生だとか。

 

1964年ドラマデビュー。1969年「男はつらいよ」に出演。以後寅さんの妹・さくらの結婚相手として山田洋次監督に抜擢され48作すべてに出演します。また脚本家橋田壽賀子さんの「渡る世間は鬼ばかり」に岡倉家の長女の夫・である野田良役として20数年出演。バラエティ番組にも出演されて、お茶の間に幅広く知られる俳優さんとなられます。

 

最近では映画「フローレンスは眠る(2016年)」に 佐藤勇次郎役で、「3月のライオン(2017年)」 では川本相米二役で出演。

 

バラエティ番組「和風総本家」2016年8月25日放送分では、リオ・オリンピックに取材に出かけた司会の増田和也アナウンサーの代役司会を勤められた前田吟さん。慣れてない司会、ヒントを出しすぎる司会にツイッターで若い人が大喜び。沢山つぶやいておられました。前田吟さんの人気がわかるエピソードですね♪


あはは、若い人のファンも多そうな前田吟さん♪

 

NHK大河ドラマでは「竜馬がゆく(1968年)」で土佐勤王党の岡田以蔵役、「おんな太閤記(1981年)」で秀吉の盟友・ 蜂須賀小六役を、「春日局(1989年) 」では徳川家重臣・本多正純役、「功名が辻(2006年) 」では山内家臣の祖父江新右衛門役をされました。おんな城主直虎で5度目の大河ドラマ出演になります。


前田吟さん演じる 井伊直平はとても興味深い人物です。だって直虎のひいお爺ちゃんですよ・・寿命が短い戦国時代において曽祖父って(;・∀・)でもヨボヨボでは決してなくて、家督は息子の井伊直盛(キャスト:杉本哲太さん)に譲っても井伊家の行く末を見守り、頑張るひいお爺ちゃん。

 

その後の井伊家の困難におとわ(次郎法師・直虎)や孫息子にあたる井伊直親(キャスト:三浦春馬さん)を息子の南渓和尚(キャスト:小林薫さん)と共に支えていきます。自分の命尽きるその時まで。

 

井伊直平お爺ちゃんですが、おんな城主直虎の中でも人気のキャラクターになる予感。その凄いバイタリティとタフさは中高年も励ましてくれそうです。 井伊直平が脚本と演出でどの様に描かれるか、前田吟さんがどの様に演じられるかとても楽しみです。

 

前田吟さん頑張って下さい!

 

-おんな城主直虎キャスト紹介-
【前田吟さんプロフィール】
配役: 井伊直平
本名:前田 信明
生年月日:1944年(昭和19年)2月21日
出身地:山口県防府市生まれ
血液型:A型
身長:170センチ


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク





直虎を31日間無料で視聴

見逃した回やもう一度初めから直虎を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 直虎を31日間無料でもう一度見る♪

-キャスト紹介