はじめに

Pocket



平成29年度、20017年大河ドラマ「おんな城主直虎 らぶりぃ通信」へようこそいらっしゃいました(・▽・*)

 

大河ドラマこそ至高!至福!
おんな城主直虎は第56作目になります。

 

関西在住の歴女「らぶりぃ」が個人的に「おんな城主直虎」に関する歴史史実を述べたり、旅行記を書いたり、ドラマの感想を発表したりするサイトです。2016年の真田丸にはかなりハマりました。2017年のおんな城主直虎はどうなるか。しかし2年連続戦国時代とは嬉しいです!

 

最初、主人公の井伊直虎(いいなおとら)の一生を知った時、ちょっともの哀しい気がしました。幼なじみの婚約者は幼いころに亡くなり、婚約者が忘れられず他の縁談を拒絶して出家。10年後、奇跡的に生きていた初恋の人とは出家していた為結婚できず、相手は井伊家を継ぐため他の相手と結ばれ・・

 

戦乱の中「井伊家」の男は絶えてしまい、自ら直虎と名乗り、初恋の人の忘れ形見 虎松の後見人として城主を名乗ります。「強い井伊家」を目指して。

 

井伊直虎は徳川の四天王の一人、赤揃えで知られる井伊直政の養母であり、井伊家のいしずえを築いた「おんな城主」ですが、哀しい気がしたのはそれだけのストーリィなら女の幸せとは程遠いから。

 

しかし他のキャストが決まりだして気持ちは一変、井伊直親役の三浦春馬さん、小野政次役の高橋一生さん、龍雲丸の柳楽優弥さん、傑山役の市原隼人さん、井伊直政役の菅田将暉さん・・ひょっとして「イケメン大河」?!

 

井伊信虎は生涯独身の様ですが、イケメンや中身イケメンが沢山出て信虎の人生を華やかに彩って欲しいなぁと思います(*^^*)

 

今まで見てきたドラマや映画で心に残っている演技派の俳優さん達が沢山登場するのも凄く楽しみです。

 

井伊家の歴史を調べれば調べるほど「おんな城主直虎」の状況は厳しくて悲しい・・大事な人達が次々と亡くなっていきます。でも・・寂しいだけにはしませんよね?だって女性が主人公、そして作家さんも制作統括さんも女性!

 

「おんな城主直虎」の主人公は女優の柴咲コウさん。作家は連続テレビ小説「ごちそうさん」の森下佳子さん。制作統括・チーフプロデューサーは岡本幸江さん。みんな女性なんて凄い!みなさん一年間の長丁場をお元気に頑張って頂きたいです!!

 

サイト運営者のらぶりぃは関西在住なので、2017年は直虎ゆかりの静岡の浜松「井伊家のふるさと井伊谷」や家康ゆかりの三方ヶ原。井伊直政が藩主となった彦根藩(滋賀県、彦根市)にも行きたいです。行った際には旅紀行も載せたいなぁ♪

 

歴史好きと言っても「おんな城主直虎」が中心の時代背景はわからない事も多くてドキドキします。調べながら、勉強しながら2017年大河ドラマを楽しみたいです。ワクワクします。

 

1年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

【らぶりぃプロフィール】

関西在住の歴女。派遣社員で既婚、娘が一人。歴史と旅とお風呂が大好きで時々チープな歴史散策の旅に行きます。食べることも大好き(笑)

 

お父さんが転勤族だったので、関西以外にも福岡、名古屋、京都、埼玉など各地を転校生として過ごしています。大人になってからは20カ国以上外国を旅しました。旅関係の仕事についていたことも。 「人生は旅」。 このサイトやネット上で知り合った方々も一瞬だけでも大事な旅の連れです!

 

ちょっと放浪癖?うーん、その場所にいても意識は旅先や戦国時代に飛んでたり、妄想癖?(笑)みんなが運転するなと言うから外は一度しか運転したこと無いゴールド免許保持者。ちょっとボケが入っているお馬鹿な天然さんです(・▽・*)ププ


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク





2016/10/01